金魚飼育スタートに必要な器具

[直前に見ていたページに戻る]/http://kingyo.oh-fish.com/

金魚の飼育器具をそろえる>濾過器具

濾過器具

金魚の飼育

器具をそろえる
濾過器具

スポンサーリンク
●濾過(ろか)器具

濾過を効率良く行うために、濾過器具を用います(フィルターとも呼ばれます)。
→参照:濾過について

濾過システムは、水槽で汚れた水をまずネットやウールの物理的濾過部分に通して大きなゴミを濾し、次にバクテリアの住処となるろ材に通して生物濾過をしてもらってから水槽に戻す仕組みのことです。
濾過の方法として、

・上部式濾過
 もっともポピュラーな濾過方法で、水槽の上にポンプ内臓の濾過槽を置き、そこに飼育水を汲み上げて濾過した後、水槽に自然落下させる方法です。  水槽上部の場所をとることが難点です。

・底面式濾過
 水槽の底にスノコ状の板を敷き、その上に砂を敷いて底の水をポンプで汲み上げることによって、汚れた水がろ材を兼ねる砂を通過して濾過する方法です。
 底砂全てが濾過に使え、構造がシンプルで安価なため、多くの方が採用しています。
 底砂が物理濾過を兼ねるためゴミが溜まりやすいので、こまめに吸い取る必要があります。

・外掛式濾過
 安価で購入できるものが多く、水槽上の場所もとらないため便利ですが、あまり多くのろ材を入れられないため、濾過能力が不足しがちです。
 別の濾過方式と併用するとか、水槽内に敷いた底砂にも濾過を負担してもらう等を考慮します。
 他の濾過方法でも言えることですが、継続的に濾過が十分に機能しているか水質試験を行います。
 なお、
 この濾過器具には活性炭がセットされている場合が多いのですが、最初の段階で取り出してしまった方が早くバクテリアの力を活用出来るようになります。

・外部式濾過
 ポンプ内臓の密閉タンクにろ材を入れ、これを水槽と別の場所に置いて飼育水を循環させて濾過を行います。
 水槽廻りを狭くすることが無く、加えて音が非常に静かです。
 反面、密閉式であるために酸素が不足しがちで、バクテリアの働きが弱まることがあるので、水槽内にエアポンプでエアレーションする方が良いです。

・内部式濾過
 水槽内にろ材を仕込んだ小型ポンプを設置して濾過する方法です。
 容量的に濾過が不足しがちであることと、水槽内の見た目の邪魔になることが弱点です。

・オーバーフロー式濾過
 上段に飼育水槽を置き、下段に別の濾過水槽を設置してそこに飼育水を落とし、ポンプで汲み上げて飼育水槽に戻す方法です。
 濾過水槽内のろ材を自由に加減出来るなど、理想的な濾過方式と言えます。
 飼育水槽と濾過水槽の水量が合算されるので、水量が多く、安定した濾過が行われ易くなります。
 飼育水槽下にスペースが必要なことと、高価になることが難点です。

 オーバーフローの仕組みを自作し、ホームページで公開している方が多数いらっしゃいますので、検索サイトで『オーバーフロー 自作』と打込んで検索すると探すことが出来ます。
 一度参照されてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
楽天売れ筋ランキング

 金魚

 水槽

 水槽セット

 キャビネット・水槽台

 エサ

 用品・器具

スポンサーリンク
上に戻る↑
http://kingyo.oh-fish.com//[直前に見ていたページに戻る]
OH!Life
Copyright(C)2012-2018 Kazupapa All Rights Reserved